パッシブデザイン

エアコンに頼らない本当に心地良い暮らし

図1

『パッシブデザイン』とは、エアコンなどの機械や設備に頼らず、太陽や風の「自然エネルギー」を最大限に活用・調整し、快適で質の高い室内環境を実現しようとする設計手法です。

四季を通じて、陽の光がほどよく入ってきて、窓を開ければ心地よい風が部屋の中を通り抜ける、エアコンを使わなくても夏はヒンヤリ涼しく、冬はポカポカ暖かくすごせる、、、
そんな私たちが本質的に望む「本当の心地よさ」を実現させる手法として、『パッシブデザイン』を使った家をご提案しています。

季節ごとの太陽の光と熱を活かす〜日照・日射・採光〜

- 日差しの特性を知って活かす

図2a

季節により、太陽の高度は違います。季節や時間による太陽の高度や日射量を考慮し、採光計画を立てていきます。

- 日差しの特性を知って活かす

図2b

夏、エアコンに頼らない住まいの基本は「日射を遮ること」です。
夏は、7割以上の熱が窓やドアの開口部から出入りするため、光や熱を遮る工夫が重要です。
上記のようなしっかりとした対策をご提案していきます。

風の通り道をデザインする

図3

ただ窓を設けただけではうまく風は通ってくれません。空気の特性を利用したり、縦すべり出し窓を上手く使うなどの工夫により、風の通り道をつくっていきます。
とくに夏は、しっかり風を通すことで、エアコンに頼らずに過ごせる住まいになります。

断熱性を高める

図4

冬暖かく快適に過ごしていただくためには、断熱をしっかりやることが重要です。
室内にある熱が外に逃げにくくなり、その熱が部屋の空気や壁などを暖めてくれるからです。 外壁、屋根、床の断熱も大事ですが、熱の出入りが最も多い窓やドアなどの開口部の断熱性能を上げることが重要です。 断熱サッシや断熱玄関ドアなどもご提案しています。

まずはお話をお聞かせください

ご質問やご相談も承っております。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ